地域のあらまし”


トップページヘ  製造販売店  くさやとは”  組合史  組合概要  施設

イベント情報  くさや焼き方(保存方法)  くさやの旬  くさやの出来るまで


地域のあらまし

新島は東京から南へ150km、伊豆下田から南東へ36km、東経139度15分、北緯34度20分の

位置にある二頭形台地状火山地形の、東西3.2km、南北11.5km、周囲28.2kmの火山島である

新島から南西海上4kmの位置に式根島がある。(新島村の同じ行政区)

本村地区と若郷地区の間に標高428.5mの宮塚山があり、平地の東と西には6kmにも及ぶ

白砂の海岸が続き、西岸の間々下地区では、温泉の噴出もあり、露天風呂、休養施設あり

東側の羽伏浦海岸は太平洋の荒波が打ち寄せ、国内有数のサーフィン場として知られている。

南には、標高301mの向山をはじめ、丹後(283.4m)と能戸と山群が連なり、窯業原料、軽量で

耐火の為、建材等広範囲に利用されている、世界でも珍しい抗火石が産出されている。

この抗火石を溶かして作ったガラス(新島ガラス)でガラスアートの制作も行われている。

新島は新鮮な、海の幸がいっぱい、捕りたての魚の刺身や塩焼きは格別”

とびうおや青むろあじのすり身をてんぷらにした名物”タタキ”もおすすめ。

おみそ汁に入れた”タタキ汁”は抜群の美味さ。

新島のくさやをおつまみに島の焼酎で島のあじを・・・・・

アクセス(船):東京(竹芝桟橋より)高速ジェット船で2時間20分
                   フェリーで夜22:00発〜明朝8:30分着

アクセス(飛行機):調布飛行場発:新島直行便:30分

アクセス(船):伊豆、下田より3時間程度(日替わりで時間変更)水曜日は運休
      


トップページヘ


Copyright (C) 2000 新島くさや. All Rights Reserved